たばこ1箱が3200円に!


たばこ1箱が3200円に!

ビックリされた方もいらっしゃるかもしれませんが、日本のお話ではなくオーストラリアのお話です。


オーストラリア政府は、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込んだ新年度予算案を発表しました。


現在のオーストラリアでは、25本入りの1箱が25豪ドル(約2000円)での販売となっており、今でも世界屈指の高さですが、20年には40豪ドル(約3200円)になります。

ターンブル首相は「税収増だけでなく、国民を喫煙から遠ざけるのも狙いだ」と説明しているそうですが、現に愛煙家からは悲鳴が上がっているそうです。


それはそうでしょうねぇ。


私はたばこを吸わないので、日本で売られているたばこの値段を正確には知らず、大体1箱400円くらいかな?という感じなので、喫煙者の方の負担感というのが今一実感として捉えにくいのですが、1箱が3200円もしたら吸わなくなる人が続出するように思います。


オーストラリアでは、1995年には1箱5豪ドル(約400円)で、喫煙率は25%でした。

その後、度重なる増税に加え、2012年には健康被害を警告する写真を箱に大きく表示させる規制を世界に先駆けて導入した効果もあり、現在では喫煙率は13%前後まで低下したそうなので、ターンブル首相が仰っている狙いが的中しているということになるのでしょうね。


私の親はたばこを吸っているのですが、オーストラリア在住ならやめるような気がしますね。








"たばこ1箱が3200円に!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。