人工知能(AI)とドローンで遭難者捜索!


人工知能(AI)とドローンで遭難者捜索!


人工知能(AI)を搭載したドローンを使い、遭難者を捜索するという実験が行われるそうですよ。


産業用ドローンの開発・販売を手がけるスカイロボットは、世界初となる、人工知能(AI)を搭載したドローンを使って遭難者を発見する探索レスキューシステム「TDRS」(トリプルドローンレスキューシステム)の実証実験を、富士山麓(山梨県側)で5月25日に行うと発表しました。

実証実験は山梨県庁の協力のもとに実施され、同社は、年内の実用化を目指すということです。


実証実験は登山道に受信機を設置し、空からはドローンを、地上からは救助役の人を展開し、登山道から外れた登山者を、陸空から発見するという監視システムの模擬実験です。



探索レスキューシステム「TDRS」(トリプルドローンレスキューシステム)とはどういうシステムかというと、3機のドローンによる三点計測で山岳や海上の遭難者を発見するシステムで、遭難者には、位置情報を発信する「スカイビーコン」を携帯させます。

人工知能(AI)を搭載した3機のドローンがスカイビーコンの信号をトラッキングして位置を特定し、救助隊の専用アプリに通知します。


スカイビーコンは1年半近く電池が持ち、GPSに依存しないため、地形に影響されずに信号を受信することができ、高い精度で位置を特定できるそうです。

また、人力の捜索は夜間は中断せざるを得ませんが、ドローンなら夜間でも捜索でき、赤外線サーモグラフィーカメラで遭難者の生死の推測も可能という利点もあります。



ここまでのお話で皆さんお気付きのように、遭難者は位置情報を発信する「スカイビーコン」を携帯していなければ信号を受信できないので、登山者全員に「スカイビーコン」を携帯させる必要があります。

実証実験で成果が得られれば、今後、登山者は「スカイビーコン」を携帯することが義務付けられるかもしれませんね。








"人工知能(AI)とドローンで遭難者捜索!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。