イヌとネコの平均寿命は…


イヌとネコの平均寿命は…


皆さんはイヌとネコの平均寿命がどれくらいかご存知ですか?


東京農工大学と日本小動物獣医師会が調査した結果、平均寿命はイヌが13.2歳、ネコが11.9歳だったそうです。


ん?

ちょっと短いと感じるのは私だけでしょうか?



調査は、全国192の動物病院で、2014年に死んだイヌおよそ6000匹、ネコおよそ3300匹を調べられました。


この調査を最初に行われたのが1990年で、当時の平均寿命はイヌが8.6歳、ネコが5.1歳でした。


今回の調査では、イヌが13.2歳、ネコが11.9歳なので、20年あまりで平均寿命がイヌは1.5倍、ネコは2.3倍と大幅に延びたことになります。


調査を行った東京農工大学の林谷秀樹准教授は、平均寿命が延びた理由として、ワクチンの普及や獣医師の増加、エサの質が上がったことなどをあげておられます。



確かに、最近は動物病院を多く見かけるようになりましたね。


私が子供の頃は、動物病院や動物霊園を見つけるのに苦労したものです。

愛犬のチビ(雑種)やロッキー(コリー)が天国へ旅立ってしまった当時は、病院や斎場、霊園などは、あまり見かけることがなく、親は捜すのに苦労したと思います。


それに、エサはドッグフードだけでなく、私達のご飯の残り物の味噌汁かけご飯をあげていました。

人間の食べるご飯や味噌汁が、イヌには塩分が多すぎて身体に悪いという認識がなかったので…

チビ、ロッキー、ごめんなさい。



先ほども書きましたが、平均寿命、イヌが13.2歳でネコが11.9歳って短くないですか?


実家の飼いネコだったトラ子さんが天国に旅立ったとき、斎場の方が教えてくれたのですが、飼いネコの平均寿命が16~17歳で、野良ネコは3~4歳と仰っていました。


今回の調査結果の数字とは、かなり差があるのでびっくりしているのですが、トラ子さんは20歳だったので、とんでもなく長寿だったのだなぁ~と、改めて感謝しますね。


今いる愛犬のミルク(柴犬)は8歳です。

少しでも長く一緒に居たいと思いますね。








"イヌとネコの平均寿命は…"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。