テレサ・ルーさん、強い!『マンシングウェアレディース東海クラシック2016』結果


テレサ・ルーさん、強い!


愛知県の新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6397ヤード パー72)で開催された『マンシングウェアレディース東海クラシック2016』は、全美貞さん(韓)とのプレイオフを制したテレサ・ルーさん(台)が優勝しました。


テレサ・ルーさん、おめでとうございます!

強いテレサ・ルーさんの復活でしたね。

先週の『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯2016』では、テレサ・ルーさんには珍しく、最終日に崩れて優勝を逃してしまっていましたが、今週はいつもの強いテレサ・ルーさんでした。

圧巻は、OBを出してしまいダブルボギーを叩いてしまった13番ホールの後の、14番から16番ホールまでの3連続バーディですね。

特に、16番ショートのバーディパットは鳥肌ものでした。

ラインはさほどトリッキーではないものの、距離が10mを超える距離ですから、バーディが決まった後、見ていた全美貞さんが驚いていたくらいです。



それに対してというのも変ですが、全美貞さんはパットがショートばかりでした。

解説の米山みどりさんも仰っていたように、全美貞さんのパット、特にファーストパットがショートばかりでした。

プレイオフのバーディトライも大きくショートしてしまいましたね。

しかし、全美貞さんの今季は、『サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント2016』では久々の優勝を果たしていますし、一時のスランプからは完全に脱し、強い頃の全美貞さんに戻りましたね。

全美貞さんの今後の活躍が楽しみです。



成田美寿々さんは15番ロングホール、2オンを狙ったショットのミスが痛かったですね。

ドローで狙うはずのショットが左に出てフェードになってしまい、グリーンには届かず池にはまってしまいました。

同じく2オンを狙ったテレサ・ルーさんが、見事なドローボールでグリーンに乗せてイーグルチャンスとなったのとは対照的になってしまいましたね。



比嘉真美子さんも久々の活躍でしたね。

比嘉真美子さんは2012年デビューで、翌年には2勝を挙げる大活躍でした。

比嘉真美子さんが試合後のインタビューで、「男子の松山英樹、女子の比嘉真美子と言ってもらえるように頑張りたい」と仰っていたのが印象に残っています。

しかし、2015年は32試合中17試合連続を含む23試合が予選落ち、1試合が棄権で、予選通過は8試合に止まり、今年も26試合中15試合が予選落ちと極度のスランプに陥っています。

ただ、最近は4試合連続予選通過で、今大会は今季初となるベスト10、しかもベスト5入りという上位フィニッシュですから、復調してきたといっても良いのではないでしょうかね。

比嘉真美子さんの今後の活躍を期待します!



鈴木愛さんは最終日7アンダーと、先週の『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯2016』の覇者、メジャーチャンピオンの意地を見せてくらましたね。

なんと言っても、上がり4ホールで3バーディ、特に17番18番でバーディ、バーディというのが素晴らしいです。

次の試合に繋がる上がりでしたね。

上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -18 テレサ ルー(台) 
-18 全 美貞(韓) 
-13 キム ハヌル(韓) 
4T



-12



成田 美寿々
フェービー ヤオ(台)
比嘉 真美子
鈴木 愛 
-11 飯島 茜 
-9 笠 りつ子 
10T




-8




上田 桃子
酒井 美紀
藤田 光里
前田 陽子
武尾 咲希 

"テレサ・ルーさん、強い!『マンシングウェアレディース東海クラシック2016』結果"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。