頭の中で鳴り続けるあの音楽…


頭の中で鳴り続けるあの音楽…


ん~、なんか違う気がするな~???


何が違う気がするのかというと、『頭の中で鳴り続けるあの音楽、止まらない理由は? 英調査』という11月4日に配信された記事の内容です。



記事によると、


『頭の中で何度も何度も鳴り続けて止まらないあの音楽。曲名が目に入っただけでまた同じ繰り返しが始まる――。そんな現象が起きる理由について解説した論文が、3日の米心理学会誌に掲載された。』


そうで、その内容は、


『特定の楽曲が耳にこびりついて離れない現象は、推定90%が週に1回以上の頻度で経験する。英ダラム大学の音楽心理学者ケリー・ジャクボウスキ氏の研究チームはその主な理由として、テンポ、旋律の形態、独特の音程の3つの要因があることを突き止めた。

ジャクボウスキ氏によると、条件となるのは「単純すぎず、複雑すぎない」楽曲であること。まずはリズムに合わせて体を動かしてしまうような、テンポの速さと軽快さが求められる。

2つ目として、頭から離れない音楽は旋律の構造は単純でもリズミカルなパターンを持っていて、音程の上下が繰り返される。童謡の多くは子どもたちに覚えてもらいやすいよう、このパターンで作曲されているという。

3つ目の条件は、全体的には単純で均一なパターンを保ちながら、不意に独特の音程が入ること、「つまり単純ながら変わっている」(ジャクボウスキ氏)楽曲だという。

研究チームは2010~13年にかけて主に英国の3000人を対象に調査を行い、耳にこびりつきやすい音楽を挙げてもらった。その結果、レディ・ガガの「バッド・ロマンス」を筆頭として、圧倒的にガガの楽曲が多かった。

「私も頭の中でバッド・ロマンスが流れ続けている」というジャクボウスキ氏は、曲名を見るたびに頭の中でこの曲がかかってしまうとこぼしている。』


との事なのですが、なんか違う気がするんですよね。


『頭の中で鳴り続けるあの音楽』っていうのは、強迫メロディのことだと思うのですが、強迫メロディだとすると、研究チームが指摘している主な理由、テンポ、旋律の形態、独特の音程の3つの要因というのは、必ずしも当てはまらないように感じるんです。


少なくとも私の経験してきた強迫メロディには、『リズムに合わせて体を動かしてしまうような、テンポの速さと軽快さ』のない曲が含まれていましたよ。

例えば…

ん~、どんな曲が強迫メロディになったのかって、思い出せないものですね。

でも、研究チームが指摘している主な理由、テンポ、旋律の形態、独特の音程の3つの要因って、なんか違うような気がするんですよね~。


誰か、このモヤモヤをスッキリさせて下さい!

お願いします!








"頭の中で鳴り続けるあの音楽…"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。